「歴史の真実を求める世界連合会」設立の意図

今、世界では日本の名誉を貶める運動が盛んに行われています。しかもそれはしばしば、自国に都合よく捏造された歴史を流布することによって、日本人の名誉を傷つけ、日本国を残忍な、悪辣国家であると断じているのです。日本に対して近隣諸国が、直接働きかけてくるのであれば、日本としても対応の仕方があるでしようが、今や米国を絡めて、日本たたきを激しく展開するようになってきています。その結果、普通のアメリカ人まで、日本人が異常に残酷で、非人道的な民族であると信じるようになってきているのです。このような状況の下で、我々は日本国の名誉を保持し、日本人の名声を不当な蔑みから守るために、事実に即した歴史の解釈を世界に発信し、誤解を解くためにこの組織を立ち上げました。現在の緊急の課題は、ロサンジェルスに隣接するグレンデール市に建立された慰安婦像の撤去であり、その背後にあるいわゆる「従軍慰安婦」説の論破です。


私共の活動を皆様によりご理解をいただくためにフライヤーをご準備いたしました。
フライヤー画像をクリックいただきますと、PDFファイルでダウンロードすることが出来ます。
「歴史の真実を求める世界連合会」は、東京と米国カリフォルニア州のサンタモニカに本拠を置く世界的な組織です。日本で2015年の3月に正式に特定非営利活動法人の資格が認められました。米国においては、2014年2月6日に Non-profit Public Benefit Corporation (登録番号46-4768503) としてカリフォルニア州の正式認可を受けました。主な活動は、出版、講演、放送などを通じて、歴史上の出来事を事実に基づいて理解させる啓発活動であります。この二つの組織は、お互いに補完しあい、協力して、目的の達成のために行動します。
日本の組織の発起人には、この分野で著名な人材が参加しています。外交評論家の加瀬英明を会長として、歴史教科書の改定に尽力した藤岡信勝、なでしこアクションの山本優美子、国際政治学者の藤井厳喜、オペラ歌手の堀野浩史の本邦居住者のほかに、元南カリフォルニア大学教授で日本再生研究会(南カ)会長の目良浩一、貿易商の水島一郎、旅行業の高橋光郎の在米組が名を連ねています。目良浩一と藤井厳喜が共同で代表者になっています。
この組織は、積極的な行動を取らない日本の政府に代わって日本国の、そして日本人の名誉を保つための行動を起こすことを目的として作られたもので、多くの一般日本人からの支援で行動が可能になります。各種財団への支援要請もしますが、皆さんの支援が行動の基礎になります。

最新の情報

2017年 年頭のご挨拶

GAHT を支援してくださる皆様へ

2017年になりました。GAHT の設立は2014年ですから、4年目になります。

皆様のご支援に感謝申し上げます。

今までは、グレンデール市に設立された慰安婦像の撤去を主要な目的として、法廷で戦ってきました。法廷闘争も、かなり終盤に近付きました。米国の連邦裁判所に訴え、門前払いを食いました。2014年の夏です。その後に、連邦の控訴裁判所に訴え、グレンデールのような市が、連邦政府が独占的に行うべき外交問題について、同盟国を誹謗するような国際的な問題に介入することは、憲法違反であることを再度訴えました。その結果、原告がそのような訴えをする資格があることは、認められました。しかし、グレンデール市が行ったことが憲法違反だとは認められませんでした。2016年の夏でした。

これ等の裁判においては、判事は慰安婦が性奴隷であったと認めているのです。つまり、彼らは、日本の軍隊は、女性の人権を侵害した。日本政府は罪悪を犯した。そのような悪事を働いた人たちを擁護するような原告には、厳しく当たるべきであるといった風潮が判事の間であるのです。

そのような認識が、以前からあるのか、または、この裁判を担当するようになってから韓国系及び中国系の人たちに感化されてそうなったのかは、明瞭ではありません。そのような認識を持っている判事を相手に裁判をすることは極めて厳しいことでした。彼らは、碑文の中の日本を誹謗する表現には、目をつぶって、慰安婦像は彼女らを記念するもので、人道的なものであると宣言し、外交に介入していないと判断し、判決を下しました。

そこで、我々は、米国の最高裁判所に上告することに決めました。今までは、弁護士を3人ほど動員して、裁判を戦ってきたのですが、今回からは費用の関係で、そうもいきません。若い弁護士一人に頼みこみ、限られた予算内でやってもらいました。今までの蓄積があるので、我々が最初に草案を出し、それをまとめる形で完成してもらいました。連邦の最高裁になると、提出する書式について厳しい規制があるので、製本の方は専門の業者に依頼しました。そして、1月10日にワシントンDCの米国最高裁判所に出しました。

その内容は、第一審でも、控訴裁判所でもグレンデールの記念碑の名目的な面しか見ておらず、碑文が「同盟国である日本の軍隊が重大な人権侵害を犯した」とか、「日本政府が犯罪を犯した事実を認めよ」という日本を誹謗する内容であることを明らかにし、それは通常の市が行う行為ではないこと、更にこの記念碑を建てた本当の目的は、女性の人権の擁護ではなくて、日本国を蔑むものであるので、明らかに、外交的な行為であり、米国の憲法で規定している連邦政府による外交権の独占に違反しているというものです。特に、日本の場合には、日米安全保障条約で、両国間の親善的な関係が約束されていますので、グレンデールの行為は、この条約にも違反していることも追加しました。

一般に、米国の最高裁判所は、上告された請願書のうちのほんの1%くらいしか採択しません。採択の基準は、他の判例と異なる判決が出された場合や、国家にとって重要な案件の場合だけです。したがって、類似の案件で、憲法違反の判決が出たケースにしばしば言及し、日本政府は総理大臣をはじめとして、この記念碑に失望感を持っている事も強調しました。日本政府が最高裁に直接に書面を提出すれば、かなりの効果があると思います。

以上の様に、連邦裁判所に於いては最終段階に来ました。判決はどうなるか不明です。他の多くの案件の様に棄却されるかもしれません。しかし、私としては、これはアメリカの司法のシステムのテストです。今まで、一審と二審においては、判事が慰安婦は性奴隷であったという風説にまどわされて、法律論には入らずに、常識論又は風説で片づけられたという感じです。米国の最高裁判所までが、まともな法律論をせずに、風説で判断をするかどうかが問われているのです。果して、アメリカに司法の正義はあるのかという課題に応えることになるでしょう。

我々の裁判は、連邦裁判所以外に、カリフォルニア州の裁判所における裁判もあります。ここでも、一審、二審と敗訴を続け、今月末に、州の最高裁判所に上訴することになります。同様に判事の偏向は明瞭です。むしろより顕著です。

上記の様に、裁判は、結果は今のところ好ましくないのですが、終盤に来ています。ここにきて深く感じることは、アメリカ人の慰安婦についての理解を改める必要性です。

韓国及び中国などの宣伝がかなり効果を奏して、慰安婦について知識を持っている人は、性奴隷説を信じている場合が圧倒的に多いのです。これを逆転する必要があります。日本での常識は全く通用しません。慰安婦についての日本側からの英文の情報が極めて少ないのです。従って、今後は、米国における情報戦に力を入れていかなければならないと思っています。

闘いは未だ未だ続きますし、闘い続けて行きます。

引き続き皆様のご支援をお願い致します。

平成29年正月

 GAHT 代表 目良浩一



<ご支援のお願いチラシその1その2
講師派遣のご案内チラシ

支援者の声

【2016年12月13日】


目良先生の裁判の件、(今後の闘いについての今月12月13日付のGAHTの声明文を)拝読しました。日本人としてとても残念です。 目良先生方も、日本政府の応援も無いのに、多勢に無勢をものともせず に、中 韓 とグレンデール市が一体になった巨大な敵を相手に勇敢に戦われる姿勢には ほんとうに頭が下がります。しかも、連続敗訴しても、またお家を売却して さ えも、 日本と日本人の子孫のために、弁護士を解雇して、ご自分たちだけでも 戦い続けるという決意は、ふつうの人に到底出来ることではありません。大軍を 相手に 堂々と戦った楠木正成か、日露戦争や大東亜戦争で、大軍を相手に勇猛 果敢に戦った日本軍人のようです。目良先生方の勇気と献身的ご努力に心から感 謝と声援 をお送りしたい気持ちで一杯です。

次なる戦いに、正義の神々の御加護がありますよう、心からお祈り申し上げます。



合掌

(一支援者)



特定非営利活動法人
歴史の真実を求める世界連合会

〒105-6027
東京都港区虎ノ門 4-3-1
城山トラストタワー27階
電話:03-5403-3512
ファックス:050-3153-0391

GAHT-US CORPORATION
1223 Wilshire Blvd, #613
Santa Monica, CA 90403
E-メール:info@gahtusa.org
電話:310-400-9521



寄付のお願い

当会は、グレンデール市の慰安婦像の撤去のために、米国の法律に基づく法廷闘争に持ち込みました。裁判の過程において歴史的な真実を公表し、いわゆる「従軍慰安婦」説の虚構を詳らかし、また当該市の慰安婦像の設置は米国憲法に違反していること、すなわち連邦政府の権限を侵していることを明らかにしていきます。この法廷闘争には、かなりの費用がかかり、且つ、長期にわたることが予想されます。また、出版、放送、講演会などを通じても広報活動を展開してまいります。
皆様からいくらかでも貴重な資金の提供をいただければ幸甚に存じます。ご協力を深く感謝いたします。

*クレジットカードでの寄付も受け付けております。皆さまのご助力をお願いいたします。
こちらのリンクからどうぞ:クレジットカードでの寄付
銀行振込みによる資金提供

銀行名: 三菱東京UFJ銀行
     ミツビシトウキョウユウエフジェイギンコウ
支店名: 藤沢支店(支店番号257)
口座番号:0421906 普通預金口座
口座名: 歴史の真実の会
     レキシノシンジツノカイ

ゆうちょ銀行
振込口座名; 歴史の真実の会
       レキシノシンジツノカイ
振込口座番号:00180-0-292163
米国内チェックによる資金提供

チェック宛先: GAHT-US Corporation
チェック送付先:
   GAHT-US Corporation
   1223 Wilshire Blvd, #613, Santa Monica, CA 90403

銀行名:UNION BANK (Santa Monica Branch)
口座名:
口座番号:
銀行電話番号:
*銀行の詳細につきましては、お問合せください。
クレジットカードでの寄付・支援

領収書につきましては、お振込の書類を代用させていただきます。
別途領収書をご希望の方は「info@gahtusa.org」までメールにてご連絡ください。
GAHTは、広報活動や支援活動などにも活発に動いています。今後とも皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。
GAHT-US産経新聞広告