カリフォルニア教科書プロジェクト中間報告

GAHTが現在行っているカリフォルニア高等学校歴史教育副読本配布プロジェクトの現況をお知らせいたします。

ご存知の通り、カリフォルニア州では韓国系団体と引退した中国系女性判事二人が推進している慰安婦正義連合会(Comfort Women Justice Coalition)などによって、州の教育委員会が高等学校の一年生の世界史の授業で「慰安婦」について教育をすることが2016年7月14日に決まりました。

我々はその決定が行われる前に州の教育委員会に反対を表明し、州都のサクラメントで行われた公聴会でその意見を陳述しましたが、教育委員会の委員の見解はすでにきまっていたので押し切られました。

決定された記述によると「慰安婦」とは「日本軍によって性の提供を強制された女性であり、組織化された性奴隷制度の一例であるとされ、その数は数十万人であったと推定されている」となっています。

それに加えて、前記の韓・中系の団体が今年の初めから「学習参考資料」として、元慰安婦であったとする人たちの体験談集を州内の各教育委員会(約600)に送り届ける事業を行いました。このままでは、日本国は女性の人権を認めない悪徳国家として教えられ、米国における日本の名誉は失墜します。

この件に関して日本政府は何も積極的な行動はしていません。我々は政府に支援をお願いしましたが、受け付けられませんでした。従って、何も期待できません。GAHTと我々を支援してくださる皆さんは黙っているわけにはいきません。

そこでGAHTは州内の高校一年生が100名以上登録されている公立高等学校1105校を選び出し、そのすべての学校の校長あてに図書と手紙を送り届けることにしました。

「慰安婦問題」が日本と韓国の間で問題になっている政治的な懸案事項であることを説明し、二冊の図書を同封することにしました。その図書を参考にし、この問題について英語で解説したウェブサイトもあるので、それらを参照するように科目担当者に指示していただきたい、とする手紙を添えて発送し、現在、約半分の学校に送りました。

発送している図書は以下です:

‐A.Niyamoto “Wartime Military Records on Comfort Women”

‐K. Mera  “Comfort Women NOT Sex Slaves, Second Edition”  又は
 K. Hososya “WWII Korean Women Not Sex-Enslaved”

学校に参照を勧めているウェブサイトは、Princeton Institute for Asian Studies によって最近に開設されましたhttp://princetonifas.org/ です。

一ヶ所に発送するのには図書代に郵送費を加えて約15ドル掛かります。
これまでの皆様のご支援をこの様に使わせて頂いております。

今後とも宜しくお願い致します。

令和元年7月1日   GAHT

カリフォルニア教科書プロジェクト中間報告」への12件のフィードバック

  1. こんにちは、オーストラリア在住の主婦です。GAHTの皆様におかれましては日頃より日本の尊厳回復の為のご活躍、本当に御苦労様です。取り急ぎでご報告したい事があります。
    実はここ豪でもとうとう慰安婦の事がモダンヒストリーの授業に出てきました。こちらのイヤー11(高校二年生)になる娘より先日、報告を受けてびっくりしています。他のハイスクールではまだ聞いた事はありませんので、娘の先生が選んだトピックなのでしょう〜しかしこれから増えてくる可能性は充分にあります。とにかくこの様に破廉恥かつ事実無根なファクトによって日本を貶める様な事は断固容認できません。

    大橋

  2. ご苦労様です。
    皆さんのように活動している方がいるだけでも、慰められます。ささやかな応援しかできませんが、お体に気をつけて続けていただきたいと思います。

  3. GATTで行って頂いて感謝します。本来、日本政府が基金を出してsupportすべきですが、NGなら基金を募ってでも継続していただきたいと思います。
    日本と韓国との関係も、これまでのパラダイムから大きく変化し始めています。日本国民の多くが、ネットで情報を収集し、韓国のあまりのひどさに気づき、発信するようになってきています。頑張ってください。合掌

  4. その異常さが国際社会では、国連では、少しは改善しましたが、未だ未だ途半ばと思います。

    今後も頑張って訴え続けます。

    GAHT

  5. 国挙げての攻勢ですので、本当に大変であろうと推察いたします。
    米国加州でやっている様に英文図書で対抗する事が友好と思います。このHPに記載の加州の高校に配布している本はアマゾンで購入出来ますので、ご検討ください。

    GAHT

  6. 慰安婦そのも祖は朴元大統領がつすった組織であって、朝鮮半島から中国大陸にかけて日本軍の後に送り込んだ「追随売春婦」と戦地にいた、私の叔父、祖父から聞いております。彼女たちは「貧困層」の女性たちで、戦地から「前線」に向かう兵士から国へ送れない「お金」などすべてを「感謝」として受け取り。終戦まで活躍していた。外国は戦後、日本悪を強調するために「慰安婦」などと記述しますが、正式な実態を解明せず。今日まるで強制的に日本が作ったような「印象操作」がされています。徴用工にしても、強制ではなく日本国内朝鮮半島での「工夫募集」で出稼ぎにきた。それも世界最先端の団地に住まわせて、渡航費用なども日本が費用免除などしたため戦後「強制」されたと言っていますが。今、生きている元徴用工や慰安婦から国連がはっきりと聞き取り、発表するべきだと思います。

  7. 慰安婦問題は、韓国人と日本にいる外国人工作員の嘘です。
    嘘の証拠である、精査された一次史料二次史料から、韓国の嘘は明確になっています。
    私程度の知識ある、日本国民は誰でも慰安婦の嘘を論破できます。

  8. 有難うございます。

    一次資料で次なる対策を今進行中です。
    簡単な回答で申し訳ございませんが、期待してください。

    GAHT

  9. 何もできることがありませんので、少額ですが本日寄付送金しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*