米国の学会で論文を掲載

この度当会の細谷理事の慰安婦問題に関する論文が米国学会で受理されその論文が掲載されました。
ーーーーーーーー

Academic Big Falsehood –
    “Enslaved Koreans: Comfort Women”
March 11, 2022
by Kiyoshi Hosoya

Abstract
Ramseyer Paper gave the sex-slave theory believers a considerable shock but did not activate the arguments.
The paper demonstrates the sustainability of the comfort women system with contracts for sex, which reinforces the prostitute theory and indirectly denies the slave theory. Rebuttals reveal the reality that their slave theory does not have a substance. Most importantly, it is an aggregate of the just impulse, propaganda words, cherry-picking hearsay, outdated statements, and wrong citation about the three vital elements of the theory – enslavement (forced abduction), status of enslaved persons (slaves), and a mass number of disposable women. Furthermore, the theory is absent from an integrated logic. The paper requests critical academics to establish a logical and academic theory and demonstrate that their theory is sustainable for an extended period.

論文タイトル:奴隷化された朝鮮人:慰安婦、それは学会の大噓!

論文掲載サイト:https://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=4056343
ーーーーーーーー
米国では慰安婦問題に関する我々の主張は排除されてきました。
その中で自費出版で本を出しましたが、学会での論文は全く拒否されてきました。ラムザイヤー教授が公開した手に学び、今回掲載出来ました。
内容はそのラムザイヤー教授が論文を発表してから一年を経過して、反論文書を検討した結果として、慰安婦性奴隷説を主張する論拠は薄弱にして論理がない事を論証し、それを主張する学者の皆さんに学会レベルでの論を立てることを求めた内容です。
サイトで論文が入手できますので、皆さん是非その論文をダウンロードをして下さい。そしてご批評を当サイトにも出されて下さい。

gahtjp-admin について

日米に拠点を置くNPO法人、 国連での特別協議資格を保持 歴史の真実を世界に求め、世界に発信し、史実の誤解によって起こる国際紛争の解決を訴える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*