『アメリカに正義はあるのか』出版記念行事 [H30.5.15]

5月15日の午後3時から参議院議員会館会議室において、GAHT 主催で代表目良浩一の『アメリカに正義はあるのか:グレンデール「慰安婦像」撤去裁判からの報告』の出版記念講演会が開催された。会には70名以上の支援者が集まり盛況であった。講演は原田義昭先生、杉田水脈先生からのお褒めの言葉をいただくことから始まり、松川るい先生からは祝辞をいただき、佐藤正久先生と山谷えり子先生からは秘書の方々の参加をいただいた。

講演は秦郁彦先生による本の紹介で始まり、目良代表は、二万人以上の方から頂いた一憶七千万円余の寄付金を受領したことに深く感謝をし、裁判から得られたことについて述べた。その中で最も重要なことは日本政府が慰安婦問題に真剣に対応することになったことであり、その証として2017年2月に日本政府がこの裁判のために提出したアミカス・キューリエ(第三者意見書)を具体例として挙げた。そして、目良代表は慰安婦問題に対する三大悪は、①河野談話、②国連クマラスワミ報告書、③2007年米国下院の日本非難決議であるとし、それらに対して日本は官民一体となって戦うべきであり、GAHT として今後も戦いを続ける決意であると述べた。

午後6時からの、目良代表主催の懇談会では、原田義昭先生、山田宏先生、中山恭子先生、杉田水脈先生がそれぞれ挨拶をなされ、和やかな雰囲気で、会合が終了した。

IMG_1146

IMG_1166
ハート出版社の方たちと目良代表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*