ペンス副大統領の米国政権の対中国政策の所見

副題には「外交方針」とあり、トランプ政権の対中国政策を述べてものとして間違いないかと思います。

この演説が画期的であるのは:

 1.米国は中華人民共和国の言う事‐言葉はこれから全く信じない、行動を見るのみ。

 2.「1つの中国」は、台湾の民主主義を土台に行うのが全中国人民にとっては、中国共産党による独裁人民監視国家よりは良い、

と断言した事ではないだろうか。

2018年10月4日ワシントンDC ハドソン研究所11:07 (EDT)

ペンス副大統領の米国政権の対中国政策の所見」への1件のフィードバック

  1. ペンス副大統領の演説全訳ありがとうございました。大変参考になりました。
    経済発展をすれば、共産党独裁体制から穏やかに民主主義、宗教の自由、人権の尊重、言論の自由等が拡大し、西側諸国と公正な付き合いが出来るようになると期待したのは、日本人も同じだったのではないでしょうか。特に現在の指導部になってから、共産党のしめつけが、宗教の自由への干渉に加えて、特にひどいのは民間企業に中国共産党の指導に従うことを強制してきたことです。これでは自由で公正な各国間の競争など考えられないですね。米国が気が付いて軌道修正を始めたことは大変良かったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*